仮想通貨のアービトラージ - ほぼ100%負けない投資法!

仮想通貨のアービトラージは、取引所の価格差を利用するトレードです。安い場所で買い、高い場所ですぐに売却する手法のため、ほぼノーリスクで資産を増やせる手法です。完全自動型 仮想通貨アービトラージシステム!

仮想通貨のアービトラージ - ほぼ100%負けない投資法! イメージ画像


” ほぼ100%負けない投資法! "

アービトラージとは?



ビットコインなどの仮想通貨は価格が取引所によって大きく違いがあります。

アービトラージとは同じ銘柄のコインを取引所間の価格差を利用して
安いところで買い、高いところで売る手法のことです。


例えると90円で買ってきたものを別の店で100円で売って儲けることになります。

アービトラージではこの売り買いを同時に行います。

一定以上の価格差が発生してからの自動トレードですので、
ほぼ100%負けることのないトレード手法なのです。



 (画像: みんなの仮想通貨より) 
arbitrage

弊社では取引所の対応数はもちろん取引が正確に行われるかどうかを最重要としております。

もちろん取引が自動で行われ、作業が発生しないことも重視しております。

国内、海外の価格差の大きい取引所の対応はもちろんお客様が利益を出せるために常にアップデートを行わせていだきます。

  •  取り引きは365日24時間 完全自動型システム
  •  FX、株、バイナリーのように専門的知識がいらない
  •  ビットコインの価値が0にならない限り損失はほとんどない
  •  送金手数料が比較的安い(数十円~数百円) 送金時間が比較的早い(数分~数十分)
  •  自動で売買でき、送金も必要ない
  •  ビットコインは日本を含め海外の取引所も同じように使える

 

アービトラージシステムのメリットとは

仮想通貨に強いエンジニアがシステムをサポートします。

弊社ではアービトラージシステムだけでなくICOシステムや中央集権型の取引所の開発、DEXの開発、ウォレット開発など多岐に渡ります。

そのため他者にはない定期的なアップデートや問題点への解決については1週間以内に対応いたします。

インストール版

サーバー代及びランニングコストのかからないインストール版です。

資金ならし機能

取引の度に1回の反対売買を行うため資金の移動が必要ありません。

6取引所対応(3取引所対応版も有)

bitFlyer, Quoine, Coincheck,
bitbank, BTCBox, Zaifの6取引所

定期的なアップデート

取引所毎にapiのアップデートや問題が発生した際、随時更新します。

LINE@での通知

システムに関する質問はLINEにて対応いたします。

1週間のお試しサポート

LINE@の登録、連絡で1週間の無料期間を設けさせていただきます。



動画で説明 

 


システムの紹介


システムについての簡単なご紹介を致します。

6取引所バージョンについてのスクリーンショットにてご説明いたします。

3取引所バージョンやその他販売システムについては画面のUIや色合いに変更点がございます。

システムについては常にアップデートいたしますのでLINE@への登録またはメールの確認はお願いいたします。

自動でアップデートできるような形にも再来月までに対応できるよう製作の方をおこなっております。

ライセンス認証
license

ご購入頂いた方にはアプリケーション及びマニュアルの入ったzipファイルをLINEまたはメールにて送付いたします。

ダウンロード後、zipファイルを解凍しアプリーケーションを起動します(windowsのみ対応)。

アプリケーションを起動すると、最初にライセンス認証を行いますのでメールアドレスと割り当てられたパスワードを入力しますとアプリケーションが起動します。

わかりやすいシステム画面
ui

アプリケーションを起動するとシステムが起動します。

UIは非常に見やすく開発されており、感覚的に利用できるように開発されております。

わからない点や各画面の操作についてはマニュアルを送付させていただきます。

UIに関してはシステムが更新されるたびに変更いたします。

システムの問題点や使いずらい点がありましたらラインやメールにてご連絡ください。

アップデートによる改善をすぐに検討させていただきます。

簡単な設定画面
setting

アプリケーションの設定は非常に簡単です。

まずは「設定」をクリックすると、ウィンドウが開き、その設定フォームに、取引量、取引レート、そして各取引所のAPI情報などを入力するだけです。

そして、利用する取引所にチェックを入れて保存して下さい。

アービトラージ起動のための設定はこれで完了です。できるだけお客様が自動で運用できるよう心掛けております。


APIの再認証
api

アービトラージシステムとして取引所に対して注文する場合、注文が通らない可能性があります。

その場合、再度残高を確認し、再注文をかけます。

他者のシステムではapiの再認証をかけずにしているところが多く注文が片方だけ通ったり通らなかったりすることが多々あり、アービトラージが自動で成立しないことがあります。


反対売買システム

usdjpy

アービトラージシステムでは全自動で取引できるよう売買後に反対売買を行うように選択できます。

資金の偏りができるだけ出ないように調整可能です。

他者のアービトラージでの売買システムですと資金的な偏りになる場合が多く次の売買に成立しない場合が見られるためその点につきましては改善の方を常に行っております。


圧倒的な取引実績
jisseki

アービトラージシステムの運用については去年度から行い、様々な問題やトラブルの想定に対して対応している実績があります。

直近の履歴として5月分を掲載しております。

毎月での運用や問題点については常に取り組みを行い、お客様が安心してアービトラージシステムを利用できるようにしております。


アービトラージシステムでの収益性

昨年11~12月の運用では月利30%以上の利回りがでましたが、

現在でも平均して5〜15%で推移しています。

ここで得た利益を1か月ごとに再投資し、これを長期で運用すればどうなるでしょう。


そう、「複利の効果」を使うのです。

最低ラインの月利5%でも複利運用すれば、とんでもない利益を生み出すこともできます。

複利計算のシミュレーションをしてみました。

 <仮想通貨アービトラージシステムでの月利5%での複利運用シミュレーション>




6取引所対応版以外にも金融専門のプログラマーが様々なシステムを開発しております。

弊社では国内、海外問わず様々な取引所を交えたアービトラージシステムを開発しております。

他にも3通貨間アービトラージや数十種類取引所に対応したシステムについても開発済みとなります。

現状テスト中や問題点などもありリリースしていないものもありますが順次改善しだいリリースさせて行きます。

国内3取引所版

安価にアービトラジを始めてみよう

価格:15万円(税込)キャンペーン中!
取引所:Bitflyer,Coincheck,Quoinnex
アップデート:随時
形式:インストール型
サポート:1ヶ月間のサポート
ペア:(JPY/BTC)

信用取引3取引所版

慣れてきたらレバレッジで

価格:27万円(税込)
取引所:Bitflyer,Coincheck,Quoinnex
アップデート:随時
形式:インストール型
サポート:1ヶ月間のサポート
ペア:(JPY/BTC)
※コインチェックのレバレッジ取引は
一時停止中です。

国内、海外5取引所版

もっと利益を求めたあなたへ

価格:30万円(税込)キャンペーン中!
取引所:Bitflyer,Bitbank,Binance,
Bittrex,Poloniex
アップデート:随時
形式:インストール型
サポート:1ヶ月間のサポート
ペア:(ETH/BTC)


誰でも少額から始められる投資をしてみませんか?


アービトラージは、多くの投資家が取り入れている投資手法の一つです。

アービトラージシステムであなたの資産を完全自動で効率よく運用しましょう。

実際に運用してみてその負けない手法に気づくはずです。

アービトラージは仮想通貨間のさやを抜く手法のため差額がでない日もありますが、ビットコインの変動状況により1日10回以上のトレードを自動でする場合もあります。

半年、1年間での運用を考えた上でアービトラージシステムを利用しましょう。

pc

1か月間メールとLINEでサポート
購入から1ヶ月間は、メールによるサポートを無料で受けることができます。アービトラージシステムの機能設定に関する疑問点、不明点などメールやラインにてご質問いただけるサービスです。

アップデート版を無料提供
システムのバージョンUP対応や、今後開発される新しいカスタマイズ機能の追加版を無料で進呈します。

有料サポート・カスタマイズ対応
仮想通貨におけるコンサルティングサポートやアービトラージシステムをベースとしたシステム制作も承ります。お気軽にお問合せください。


アービトラージシステム(Arbitrage System)
  3取引所対応版 150,000円(税込)~
6取引所対応版 324,000円(税込)

アービトラージシステムは、高機能な自動売買システムからアップデートまで充実した機能が特徴です。お試ししやすい価格帯から高利益を求めたいシステムまで様々なサービスを提供しております。国内、海外、信用取引など様々な場面や状況で使えるシステムを常に開発、運用しております。


商品内容
 

ご購入のお客様にアービトラージの1からをわかりやすいマニュアルで説明致します。

弊社ではより良いシステム開発と困らないサポート体制を常に考えております。

そのためマニュアルの更新や問題点の解決には多くの時間と対応を行わせていただきます。

何かご不明点などありましたらご気軽にご連絡ください。

  •  インストール型アービトラージシステム本体
  •  各取引所のAPI取得マニュアル
  •  アービトラージシステム使用方法マニュアル
  •  アービトラージについての説明マニュアル
  •  1ヶ月のメール、LINEサポート
     システムの随時アップデート

よくある質問

Q:  送金ミスが起こりうる事はございますか?

A:  送金や出金のシステムは組み込んでおりませんので基本ありませんがAPIの取得の際に送金や出金についてはチェックマークをしないようお願いいたします。

Q:  マイナスが出る事はありますか?

A:  アービトラージはビットコインの値段が一定の金額をレンジすることを前提にしています。暴落の際についてはマイナスが出る可能性がございます。

Q:  平均利回りはどれくらいになりますか?

A:  11月、12月の運用では30%以上の利回りがでることもありましたが平均して5~15%が一般的です。

Q:  取引所は6つ開設しないといけませんか?

A:  最低2つの取引所があれば運用は開始できます。

Q:  Macは対応していますか?

A:  Windowsのみ対応となっております。

Q:  取引されない日はありますか?

A:  設定画面にて価格差は設定できます。取引する日は差額があった場合のみとなります。

<お申し込み>
アービトラージシステムは、
銀行振込・ビットコイン決済・クレジットカード決済(
最長10回まで分割可)で対応!
購入手続きの詳細は下記ボタンをクリックしご確認ください。




o0620012514153207102



↑このページのトップヘ


仮想通貨アービトラージシステムかのアインシュタインは言いました。 

「複利運用は人類最大の発見だ!」と。 

 

 

アービトラージという言葉をご存じですか?

日本語では裁定取引とも呼ばれています。

 

ビットコインなどの仮想通貨は取引所と呼ばれるサイトで売買されますが、

取引所によってコインの価格が異なります。

 

その価格差を利用して、たとえば取引所A で 1000 円で購入したコインを

取引所B で1100 円で売却して差益を得るというのがアービトラージです。

 

価格差が発生してから売り買いを同時におこないます(つまり、その時点で利益確定)ので

ほぼ100%負けることのないトレード手法です

 

このアービトラージの手法に複利運用を取り入れればどうなるでしょうか?

 

昨年11~12月の運用では月利30%以上の利回りがでましたが
現在でも平均して5〜15%で推移しています。

ここで得た利益を1か月ごとに再投資し、これを長期で運用すればどうなるでしょう。

 

そう、「複利の効果」を使うのです。

 

最低ラインの月利5%でも複利運用すれば、とんでもない利益が生まれていきます。 

複利計算のシミュレーションをしてみました。  

 

 <仮想通貨アービトラージシステムでの月利5%での複利運用シミュレーション>

 

アービトラージは負けのないゼロリスク・ハイリターンの画期的な投資方法です。

  

 

 

仮想通貨 アービトラージシステム

 

仮想通貨 アービトラージシステム

 

 



↑このページのトップヘ



アービトラージ取引は取引所間の価格差を利用して、より価格が高いところで売却することで、効率よく利益を発生させることを目的としています。

しかしアービトラージは仮想通貨を取引所から取引所へと移動させる必要があるので、移動させている間に価格が変わってしまう可能性もあります。

そこで取引所間で移動させずにアービトラージ取引を行う方法について説明します。


「アービトラージ取引のメリット・デメリット」

  • メリット

アービトラージとは裁定取引のことで株の世界ではよくある言葉です。

仮想通貨の世界では取引所によって同じ銘柄でも、価格が違うのが一般的です。

国内であれば、取引所間で数万円程度は変わってきます。国が違うと、その差はさらに大きい場合があります。


価格が安いB取引所でビットコインを購入し、最も高い価格をつけているA取引所に送金をして売却することで、B取引所で売るより多くの利益を得ることが可能になります。


  • デメリット

チェートに詳しくなくても、取引所の価格を気にしていればいいので、簡単に利益を得られそに見えるかもしれませんが、ビットコインや仮想通貨を他の取引所へ送金している間に、価格が変動する可能性があります。


「仮想通貨を移動せずに利益を出す」


アービトラージ取引において取引所にいくつか登録するのは必須です。

例えば2つの取引所を使ってアービトラージ取引をするとします。準備段階としてはbitFlyerとZaifでの口座にビットコインと現金を入れておきます。


例えば、ビットコイン0.1BTC、現金20万円づつを両方の口座に入れて準備をしておきます。

この時、さらに多くの取引所を利用する場合は、さらに資金が必要になります。アービトラージ取引は資金が必要になるので、無理はしないようにしましょう。


また売買する際は、成行注文ではなく指値注文をすることで、価格変動で不利になるリスクを軽減することができます。

指値をやったことがない初心者の場合、指値をする時は「最安値より少し高めの指値、最高値より少し低めの指値をして注文を出すこと価格が付けやすいです。


①まず、ザイフの方が高値だったので、191,000円で0.1BTCを売ります。ビットバンクでは185,295円で0.1BTCを購入します。


以下の表が結果です。


ザイフ(売却)ビットバンク(購入)
ビットコイン0 BTC0.2BTC
現金391,000円14,705円


表を見ると0.2BTCで保有ビットコイン数量は変わりません。次に現金の合計を合わせると405,705円となります。

最初に準備しておいた現金は両方合わせて40万円です。つまり5,705円の収益があったことになります。


「収益を増やすことはできるのか」


アービトラージは上記の表を見るとわかるように、初期投資が必要になります。

またそこそこの初期投資をする割には利益が少ないと思うかもしれません。

ではどうすれば収益を増やすことができるのかというと、1つは初期投資を多くすれば、収益も増やすことが可能です。


その他は、複数の取引所に登録をして口座を増やすことです。上記は2箇所の取引所でのアービトラージなので、どちらかがどちらかの価格を上回らなければ意味がありません。


そこで口座を4箇所、5箇所と増やすことで、全ての口座にBTCと現金を同数量入れておけば、どこかが最安値になったら売り、最高値になったら購入するチャンスが多く発生することになります。


各取引所の手数料です

取引所Maker手数料(指値注文)Taker手数料(成行注文)
Zaif-0.05%-0.01%
bitbank-0.05%+0.05%
BITPoint無料無料
bitFlyer0.01%〜0.15%(金額により異なる)0.01%〜0.15%(金額により異なる)


さらに広く取引を行いたいなら、海外の大手取引所、バイナンスやBitfinex、KuCoin 、BitMEXなど日本人ユーザーに人気の取引所を登録しておくのもいいでしょう。


「取引所の価格差を情報収集する」


アービトラージには何より取引所の価格情報が重要です。

しかし1件1件の取引所のサイトを見て回るわけにも行きません。そこで一発で確認できる情報サイトを紹介します。


・みんなの仮想通貨: https://cc.minkabu.jp/pair/BTC_JPY

ここは大手取引所の買値と売値が表示されているので、取引所間の価格差が一目で分かるようになっています。



「さらに本格的にアービトラージを行うなら自動売買」


アービトラージは初期費用もかかり、複数の取引所の価格差を見極め、効率よく利益を出す必要があります。

したがって人の目では限界があります。比較する取引所の数が多ければ確認作業に時間が費やされてしまいます。


そこで本格的にアービトラージで稼ぐなら、コンピューターで常に価格差を監視し、注文を出すことが一番の効率化です。

アービトラージ専門のトレーダーはプログラムを組み、価格差を予め設定しておき、設定している価格差が生まれたら注文を出すまでの工程を、自動で行えるようにしています。


それはあくまでかなりの上級者用のテクニックなので、専門知識があるユーザーしかできませんが、

全自動でアービトラージができるシステムがありますので、初心者でも知識不要で簡単におこなうことが可能です。


「仮想通貨を移動せずに行うアービトラージのまとめ」


アービトラージでできるだけ多くの利益を発生させたいなら、複数の取引所に登録をして売買をするのがポイントです。

初期投資は多少かかりますが、価格の高い取引所を選んで売却するので、価格の乱高下には左右されず、ほぼノーリスクの取引と言えます。

そういった利点をうまく利用してチェレンジしましょう。


 
 
【完全自動型 アービトラージシステム】
 
 


↑このページのトップヘ



仮想通貨におけるアービトラージ取引とは?

 

仮想通貨と株はどちらも投機的な目的で投資対象になりますが、仮想通貨と株では仕組みが異なります。

また株はどこの証券会社でも株の価格は同じですが、仮想通貨は取引所によって価格が異なります。

そこで仮想通貨のアービトラージ取引について基本から説明します。


「アービトラージ(裁定取引)とは?」


アービトラージとは、同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)が生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、その後、両者の価格差が縮小した時点でそれぞれの反対売買を行うことで利益を獲得しようとする取引のこと。(SMBC日興證券サイトから参照)


裁定取引は主に機関投資家が大きな資金でサヤ抜き(価格や値段の利率の差額で儲ける)を狙う手法として使われます。

額が大きければ1つの取引で市場に影響を与えます。

これが株式市場では適正な価格形成に役立っていると言われています。


要は差額で利率を上げるわけですが、仮想通貨の場合取引所ごとに通貨の価格が異なるのが特徴です。

また仮想通貨の販売所ではそれぞれスプレッド手数料があり、販売所によって手数料が異なるために通貨の価格が異なります。


この価格の違いを利用して通貨を売買することで、株式で言うところの裁定取引を行います。

また仮想通貨取引所では取引所間で通貨を送金することができます。

これも株式証券にはない特徴です。



「仮想通貨取引所の価格差を狙うアービトラージ」


上記でも言いましたが、仮想通貨で特徴的なのは、同じ銘柄の仮想通貨をいくつもの取引所から購入でき、それを取引所間で送金ができる点です。またそれぞれ取引所ごと価格が異なります。


仮想通貨の世界では基本的に現物取引というトレード形式が主です。

海外の取引所は基本的に現物取引ですが、日本には取引所だけでなく販売所もあります。

販売所とはユーザーと通貨を取引するのではなく、直接、通貨を売っている販売所から購入するところです。


したがってA取引所で仮想通貨を買い、B取引所の方が高く売れそうなら仮想通貨を移動してそこで売ることも可能です。

しかし、送金手数料をかけてまで、B取引所にわざわざ送金して売却する理由があるのか、と思われるかもしれません。


仮想通貨を購入しようと考えた時、いくつかの取引所の価格を比較して、一番価格が安い取引所からお得に購入したいと考えます。

そして仮想通貨は取引所間を送金できるので、売る時はいくつかの取引所の価格を比較し、A 取引所よりC取引所が高値をつけていたとします。


となるとA取引所で売るよりC取引所で売った方が、購入時の価格からより大きな利益を出しやすくなります。

他の取引所に送金する手間があるので、少額ではなく大きな額で利益をローリスクで出すことが可能な取引です。



「ビットコインにおける相場の確認について」


リアルタイムの相場の確認は「みんなの仮想通貨」というサイトで確認ができます。


「仮想通貨におけるアービトラージの例」

上記の相場を使ってアービトラージを行なったとします。


bitFlyer1BTC購入:895,643円

Zaifで1BTC売却;  897,500円


差額を計算すると、1,857円となります。

つまり他の価格が高い取引所に送金してそこで売却することで、価格が上がるのを待たなくても、ローリスクで1,857円の利益を発生させることが可能です。


購入する額が大きければ大きいほど、差額が大きくなります。

また時間を待たずにすぐに売却でき、チャートの分析に時間をかける必要がないメリットがありますが、デメリットもあります。


チャートはあまり見る必要はありませんが、いくつもの取引所を常に確認する必要があります。

また他の取引所に送信している間に価格が変わる可能性があります。

こういったケースがアービトラージでは不利になる可能性があります。



「いくつかの取引所に登録する」


アービトラージ取引を行うには取引所にいくつか登録する必要があります。

最低でも2箇所ですが、その2箇所だけの場合、効率のよく差額を発生させることは難しいです。

登録する取引所の数=差額を生み出すチャンスにもなります。


最初のうちは日本国内の取引所や、日本語対応している海外の取引所での登録がおすすめです。

登録はどこでも無料なのでアービトラージを行うのであれば、できるだけ多くの取引所に登録をしておくのがベストです。


国内であれば

・ビットフライヤー(販売所に特化)

・GMOコイン(販売所に特化)

・ザイフ(取引所)

・ビットバンク(取引所)

・QUOINEX(取引所)


日本の取引所に登録をしたらまずは先に日本円を入金しておきましょう。入金には反映に少し時間がかかる場合もあるので、事前に入金しておくと安心です。


海外なら(基本的に全部取引所)

・Binance(日本人ユーザーに人気)

・Kraken(日本語対応)

・Bitfinex



「仮想通貨のアービトラージについてのまとめ」


アービトラージ取引はチャートの確認は必要ありませんが、取引所をいくつか登録しそれぞれの価格をチェックする必要があります。

また取引所の価格差で大きな利益を出すためには、投資金がある程度必要になりますが、ローリスクではあるので始めやすいとも言えます。

効率よく利益を発生させるためには取引所の価格差を一気に確認できるツールなどを使うことをおすすめします。





 
 
【完全自動型 アービトラージシステム】
 
 


↑このページのトップヘ



アービトラージの実際の取引方法を順に見ていきましょう。

取引を成功させるためのポイントも紹介しています。


アービトラージ取引方法 基本編


まずは簡単に、アービトラージの方法を説明します。
(実際の取引では、こちら側から見て「買う」ということは、相手側にとっては「売る」ことになるという点に注意しましょう)


外貨両替でドルにもユーロにも「売り」と「買い」があるように、仮想通貨にも「売値」と「買値」があります。


一番高く売る(売値) - 一番安く買う(買値) > 0(=利ざや)


という構図ですので、分解すると、手順は次のようになります。


① 一番安く買える取引所を見つける
② 一番高く売れる取引所を見つける
③ ①の取引所でビットコインを買う
④ ①の取引所から②の取引所に送る
⑤ ②の取引所で売る


[例]

A取引所  売値 1BTC = 50万0000円  買値 1BTC = 50万1000円
B取引所  売値 1BTC = 50万4000円  買値 1BTC = 50万5000円


上記の例では、B取引所で売り、A取引所で買うのが最も利益が大きい取引となります。


1BTCにつき 売値50万4000円 – 買値50万1000円 = 3000円


となり、1BTCにつき3000円の利ざやを得ることになります。

ここから手数料を引いたのが実際の利益です。



アービトラージ取引方法 応用編


基本の方法でアービトラージを行うことはできるのですが、現実には、入出金や注文確定に時間がかかり、取引にタイムラグが生じてしまいます。

入出金には1〜2時間かかり、売買の注文は約定に失敗することすらあります。


場合によっては、このタイムラグのために価格が変動してしまい、アービトラージの致命的な失敗につながりかねません。

このため、実際には次のような取引方法が一般的です。


先の例と同じ条件でビットコインの売買をすることを前提とします。

その上で、まず両取引所間で価格差がない状態のときにB取引所で1BTC購入していたと仮定します。

つまり、1BTC=50万2500円 です。


その後、先ほどの価格差が生じます。ただし、今回はB取引所にすでに1BTC保有していますので送金の手間はかかりません。

価格差が生じた時点で同時に売買を行います。B取引所で1BTC売り、A取引所で1BTC買うのです。


すると、この時点でB取引所での取引の差額1500円が利益となります。

次に、時間が経って価格差がなくなったところで(1BTC=50万2500円)、A取引所で保有している1BTCを売却したとします。

ここでもまた1500円の利益が得られます。

結果、トータル3000円の利ざやが得られます。


[例] 保有コイン(購入時)   同時売買   保有コイン(売却時)   差額
A取引所  0BTC(=0円)  買値1BTC = 50万1000円  1BTC(=50万2500円)  +1500円
B取引所  1BTC(=50万2500円)  売値1BTC = 50万4000円  0BTC(=0円)  +1500円


こうした原理を理解した上で、実際には

「価格差が広がった場面で同時売買し、価格差が縮まった場面でそれぞれ反対の売買をする」

という取引をくり返して利益を積み上げていくのです。


この方法を使えば、仮想通貨を長期保有しながら、短期売買で利ざやを稼いでいくことができます。



アービトラージ成功のポイント


アービトラージを効率的に行うためには、いかに取引所間の価格差が最大限に広がる瞬間をとらえ、素早く取引きを完成させられるかがカギとなります。


①情報収集力をつける

仮にあなたが何のツールももっていなかったとしたら、あちこちの取引所の価格をいちいち見くらべて、「差が開いてるなー」というときを見計らって売買する、といった方法をとることになるでしょう。

昼夜問わず価格をチェックし続け、数千円、数百円の誤差のために、手数料を支払い売買を行って・・・。


一方で、価格差を自動でチェックしてくれるシステムがあり、設定値以上の価格差となったときにアラートを出してくれる装置があったとしたら、どうでしょうか。

かなり効率化が図れますね。

ツールには、リアルタイムに取引所間の価格差を閲覧できるマトリックスや、アービトラージを自動化するソフトウェアといったものがあります。


②事前の準備を怠らない

利用できる取引所の数が多いほど、取引できる機会は広がります。

できるだけ多くの取引所に登録しましょう。

取引所によって登録のしやすさや、本人確認の手続き、手数料などに違いがあります。

特に手数料は毎回の取引の利益に直結しますので、どの手順にどれだけ手数料がかかるのか、正確に把握するようにしてください。


登録が済んだら、各取引所に仮想通貨の購入資金を入金しておきます。


③海外の取引所を利用する

取引に慣れてきたら、海外の取引所を活用することをおすすめします。利用できる取引所の数は、取引できるチャンスの数です。

海外の取引所は何十種類という仮想通貨を扱っていますので、アービトラージのチャンスが大きく広がります。




 
 
【完全自動型 アービトラージシステム】
 
 


↑このページのトップヘ



「アービトラージって?」


一般的な意味を解説します。

また、最近はビットコインの取引において、アービトラージが注目されつつあります。

その理由についても考えてみましょう。


「市場の歪み」を利用した取引

アービトラージは「裁定取引(さいていとりひき)」と訳され、

意味は「一時的な価格差を利用した”さや取り”」というのが一般的です。

さまざまな要因から市場に歪みが生じることがあります。

さや取りとは、そのような状況を利用して低リスクで売買を行い、利益を得ようとする行為をいいます。


方法としては、ある商品に一時的な価格差が生じたとき、割高なほうを売り、割安なほうを買います。

この価格差は市場の歪みによるものなので、理論的にはやがて解消される方向に向かいます。


市場の動向を見張り、両者の価格差が縮小した頃合いを見計らって、今度は割高なほうを買い、割安なほうを売ります。

それによって、この間に生じた価格差による利益を得ることができます。


これは、株式市場の現物価格と先物価格を利用した取引を中心に、為替、金利、コモディティ(商品)など、あらゆる市場で用いられてきた投資手法です。



ビットコインでアービトラージ

最近では、このアービトラージの手法をビットコインの取引に用いることができると考える人が増えてきました。


ビットコインの取引所は世界中にたくさんあります。売買は取引所ごとに行われていますので、ビットコインの価格は取引所ごとに大なり小なり差が出ます。


日本円をドルやユーロなどの外貨に両替するとき、どこで両替するかによってレートが良かったり悪かったり、けっこう差がありますよね。

ビットコインの取引も、これと似たようなものと考えるとイメージしやすいかもしれません。


外貨の両替は、空港で両替すると高かったり、銀行はわりと良心的だったり、または、その逆の場合も。売値と買値では同じ通貨でもレートが違います。それから、両替所によって手数料もバラバラです。


同様に、ビットコインの価格も、どこでも一定というわけにはいきません。「誤差がある」という言い方のほうが分かりやすいかもしれませんね。


この取引所間で生じる価格差を利用してアービトラージを行うことで利益を出せる、ということに注目が集まっています。


[例]

A取引所  1BTC = 50万1000円
B取引所  1BTC = 50万4000円


最もシンプルな言い方をすれば、上記の例ではA取引所とB取引所で3000円の価格差が生じているので、双方の取引所で売り買いすることによって、差額分の利益を得ることができます。


市場が成熟していないからこそ

実は、アービトラージは理論上は誰でも行える投資法ですが、実際の市場で確実に利益が出せるほどの価格差が生じることは、あまり多くはありません。ごくわずかな価格差に対し、かなり大きな投資額を投じることで相応の利益が得られるというのが通例なので、一般投資家には不向きと言われています。



しかし、ビットコインが注目されている理由は、そこにあります。


仮想通貨の市場は変動が激しいということは、多くの人が感じていることだと思います。

その理由はさまざまですが、1つには、新しいものであるために関係者のとる行動にバラつきが生じやすいということが考えられます。

つまりは、まだ市場が成熟していないのです。


そういった背景から、ビットコインの市場には、比較的大きな誤差、つまり価格差が生じやすくなっています。

価格差が大きければ、投資額が大きくない一般投資家にも利益を出せるチャンスが生まれる、というわけです。


なお、より多くの人が、より大きな額でアービトラージを行えば、それだけ価格差は迅速に縮小されていきます。

つまり、アービトラージには市場価格を適正に導く働きもあるのです。裏を返せば、アービトラージの取引に関わる人(プレイヤー)が増えてくると、価格差が解消されやすくなるということも覚えておいてください。


また、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)については、ポテンシャルはありますが、いまのところ日本ではまだ扱っている取引所が少ないためアービトラージは行いにくくなっています。



 
 
 


↑このページのトップヘ

Copyright © KEN Consulting Inc. All Rights Reserved.